相続空家の特別控除って知ってますか?

平成28年の税制改正で、相続空家の3,000万円特別控除、という制度が新たに発足しました。

詳しい要件は国税庁のHPで確認してください。

ここでチョー簡単に説明しますと・・・

昭和56年5月31日以前に建築された家屋(要は古い住宅、マンション等はダメです)が有ったとして、その家が相続で空き家になってしまったような場合、耐震リフォームをするか、建物を解体撤去したうえで、相続後3年以内に売却すれば、譲渡所得から3,000万円も控除できる、という制度です。(売却額は1億円以下である事が必要)

単純に3,000万円控除されるという事は、税率が20%とすれば600万円も税金が変わってくるんですよ。

知ってると知らないとでは大違いです。

ただし、平成28年4月1日か ら平成31年12月31日までの譲渡が要件なので、相続後の空家のある方は至急チェックですね。

家がいくらで売れるかの無料査定はコチラ↓
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

遺品買取の無料見積もりならコチラ↓

サブコンテンツ

このページの先頭へ